認知機能の低下なんてまだ自分には関係ない

ところで認知機能が低下するというと、いわゆる【高齢者】がなるものだという感じがしますよね。
『だからまだ私には関係ない』と思う方も多いと思いますが、そうでもないかもというお話。

全人口に占める65歳以上の割合は平成26年10月現在で26%(3,300万人)、75歳以上の方が12.5%(1,592万人)いらっしゃるそうです。うちの祖母も健在で85歳になりますが、元気でいつまでも長生きして欲しいと思います。

さて65歳以上の約15%(495万人)がすでに認知症を有していて、さらにその予備軍であるMCIと呼ばれる人が13%(429万人)もいるそうです。

これらの方々を誰がどのように支えるかという全体の大きな話は私には難しすぎてわかりませんが、少なくとも自分の両親がすでにこのゾーンに入っているので『もし認知症になったらどうしよう?』と心配になります。
『なったらどうするか?』ももちろんですが、『できる限り元気でいてもらうにはどうすればよいだろう?』ということを時々考えるようになりました。

具体的にどんなアドバイスをするべきかを考えていきたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中