第52回青梅マラソン

本日は第52回青梅マラソンに参加してきました。
去年は制限時間ギリギリでの完走だったので、今年はどうなるか少し不安でした。
そこで今年は事前に3回だけ走りました。
やはり全く練習しないで30kmも走るのは『体に良くない』との反省のあらわれです。

しかし(確か)第43回から出ているので、毎年同じようなことを書いているのではないかと思いますが
沿道の方々の応援がとてもあたたかい
公式のエイドよりも充実した補給をくださる方も大勢いらっしゃり、このような方々に支えられて毎年何とか完走できております。
本当に感謝です。


今年の完走メダル

去年よりは若干余裕をもってフィニッシュすることができたのですが、気になることが2点。
(ここから先は走った方しか分からないと思います)
①『追悼〇〇みかん』の謎
②ロッキーおじさん引退か!?

追記:ロッキーおじさんはやはり引退されるという記事を見つけました。
どうやらご病気とのこと。
そうと知っていたら勇気を出して直接お礼が言いたかった。
この場を借りて感謝と一日も早い回復をお祈りしております。

『いや、いいところにいるんだよ。あの人。』
『元ランナーなのかね?』
『ちょうどいいポイントでロッキーのテーマ流してくれるもんね』
『オレあの人に一番元気もらったわ』

広告

ダイエット事始め

タイトルのつけ方が古いと言われます。
今年で45になる健康運動指導士の星野です。

皆さん、お正月はゆっくり過ごされましたか?
私は箱根駅伝を見ながら、出身校の選手を何となく応援していました。

去年は連続出場記録が87で途切れて話題になりましたが、今年は予選会を無事通過できてホッと一安心です。

何といっても一昨年の予選落ちの時に一年生ながら報道陣の前でコメントをしていた船津選手が無事1区を走る姿を見て『本当によかった』と思いました。

さて、応援の仕方にもいろいろありますが、期待が強すぎるとそうでないレース展開になった時に怒り出したり、見なくなったりする人がいます。

これはダイエットをしていても
『思ったように痩せない』
とか
『こんなに頑張っているのに』
と期待したような結果がでないとやめてしまったり、逆に思いっき食べてしまったりするのと似ています。

で、今度は
『頑張らなくても痩せる』
とか
『食べて痩せる』
という文言につい目がいってしまう。

これはひまわりの種を蒔いて1日で『目が出ない』と種をほじったり、
『1か月も水やったのに花が咲かない』と引っこ抜いてしまうのと同じです。

焦らず、期待しすぎず、結果が出るまであの手この手で継続することを身につけていきたいものです。

新年のあいさつ

最近は走った時くらいしか更新しなくて、それも年間数回の参加頻度なのですっかり更新ご無沙汰しておりましたが、皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか?

このブログを掘り返して確認してみたのですが
今年の4月で丸八年
となり、これもひとえに日頃からの皆さまのご愛顧のおかげとあらためて感謝申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年はもう少し頻繁に皆さまに有益な情報をお伝えして参りたいと思います。

第6回富士山マラソン

今日は山梨県で行われた第6回富士山マラソンに参加してきました。
今年は天候に恵まれ富士山がこんな風に見えました。

第2回から参加しているこの大会ですが、間違いなくトップ3に入る富士山でした。

さて個人的にはこのレースは
10年連続フル以上完走
という記録がかかった大会です。
タイムではなくあくまで完走が目的ですが、さすがに今回は10年間の努力を吹っ飛ばす勇気はなく少し練習しました。(と言っても1週前に20km走ったくらいです ^^;))

あんなに感動的だった富士山も20km過ぎたあたりからは刺激に慣れたためか、あるいは肉体的な疲労感からなのか、当初ほど心を動かされなくなってきました。
感動するにも元気が必要とまでは言いませんが、やはりこちらに受け入れ態勢が整っていないと感動できなくなってきたのは歳のせいなのでしょうか?

ならば音楽に元気を貰おうと”元気が出る音楽”を思い出そうとしましたがZARDの『負けないで』がリフレインしてしまい悲しい気持ちになってしまいました。
24時間テレビのせいだと思います。

今年のエイドについて一言。
「補給食としてのポテチはいかがなものか?」
いや個人的にはポテチ大好きです。その好きさ加減が災いしてポテチ食べ放題に一人お祭り状態で、その後胃もたれでえらい目に。

少し落ち着きます。レースの途中には水分と栄養補給のための”エイドステーション”というのが設けられています。
そこでは補給食としてバナナやチョコレートなどが出されます。
大会によってはその地方の名産やその土地の郷土料理などが振舞われることもあります。

そして今回の富士山マラソンではおそらく協賛のナビスコさん提供と思われるチップスター(うすしお味)が出されていました。1万人が参加するからと大量に用意されていましたが、走っている最中に口の中パッサパサになるような食べのものを好む人が少なかったのでしょう、大量に余っていました。

そしてそれが一か所だけでなく20km過ぎたあたりから5kmごとに出てきます。しかも”コンソメ”や”のりしお”などのバリエーションは邪道だと言わんばかりの”うすしお”オンリーです。
あの大量のうすしおチップスターたちの行く末が気になります。

ということで最後は胃もたれながら制限時間ギリギリの5:50でフィニッシュ!
何とか今年も、そして10年連続走り切ることが出来ました。

大会関係者の皆さま、そして沿道で応援してくださった皆さまありがとうございました。
そして10年間も休みの日に勝手に遊びに行くことを見逃してくれた妻にも感謝しております。

第37回山日YBS富士吉田火祭りロードレース

今日は山梨県で行われた第37回山日YBS富士吉田火祭りロードレースに4年ぶりに参加しました。
今年2月の青梅以来のレースです。
僕はハーフに、そして4年前3歳だった息子も一年生になったので3.5kmにエントリーして初のマラソン大会参加です。

青梅は全く練習せずに参加してえらい目にあったので、今回は少し真面目に7月、8月ともに100km程度ですが練習しました。

ほどよく曇っていてマラソン日和の中、スタートです。

長い上りと下りの続くタフなコースでした。
こんなコースだっけ?

二人とも何とか無事走り切りました。

完走後はいつもの吉田のうどん。

息子に感想を聞くと
『疲れた。けど来年も走る!』
とのことでした。

走れば疲れるのは当たり前で、でも少しづつでも前に進めばゴールできるということを理解して貰えたら・・・一年生には難しいか。ずっと後でもいいから理解してくれたら嬉しいなと。

帰りは温泉でゆっくりと過ごして、夏休みの最後の思い出となればと思います。

参加された皆さまお疲れまでした。
そして大会関係者の皆さまありがとうございました。